強い抗菌作用でお馴染みのマヌカハニーも赤ちゃんに食べさせるのはNG

はちみつを赤ちゃんに食べさせるのはNGです。ボツリヌス菌が入っている可能性があるからで、乳児ボツリヌス症を発症する危険性があります。

成人であれば、ボツリヌス菌が腸内細菌に勝てないので安心ですが、未発達な腸内環境のお子さん(1歳未満)は、腸内でボツリヌス菌の芽胞が発芽し毒素を出す危険性が高く、厚生労働省からも一歳未満のお子さんに、ハチミツを食べさせないように言っています。マヌカハニーも同じで、1歳になっていない子供には食べさせないでください。

抗菌作用が強いマヌカハニーは、五歳を過ぎたくらいが良いでしょう。自己免疫疾患がある方は、ボツリヌス菌が入り込む可能性が高い蜂蜜は摂取しないようにして下さい。
理由としては、免疫抑制剤の服用を行っている場合です。免疫の力を弱くする薬なわけですから、ハチミツに含まれるボツリヌス菌をやっつけることが出来ません。

ようするに、腸内細菌が発達していない子供と同じように、ボツリヌス症になってしまいます。

あと、強い抗菌作用でお馴染みの、マヌカハニーにも一緒のことが言えます。

高級な蜂蜜に共通するのは、無添加で、加糖などをしてないこと、それと、熱を加えるような加工を行っていないことなどです。端的に言えば、純粋なはちみつが最高品質であるという話なんです。ハチが集めたミツを抽出し、手を加えず、不純物を取り除いた程度のハチミツこそが高級品なんです。マヌカハニーに関しても同様で、本物は全てオーガニック製法で作られています。

マヌカハニーはニュージーランドが原産ですが、マヌカの木の原産地は、植物学者によると、オーストラリアで生まれたそうです。
マヌカという言葉自体はマオリ族の言葉なのですが、同じ成分の蜂蜜が採取できるという理由で、マヌカというブランド名を、自国の蜂蜜にも使いたいと主張しています。

ただし、今のところ、国際的にも品質管理が組織化されているNew Zealand産のみが、本物のマヌカハニーと呼べるでしょう。

人気のマヌカはちみつですが、表示偽装など、偽物も数多く売られています。本物というのは、マオリ語でマヌカ(学名:ギョウリョウバイ)と呼ばれる木の蜂蜜だけで、マヌカ蜂蜜にしかない天然メチルグリオキサールという強い殺菌成分を含みます。人工的な製造工程を経ないため、生産量も限られるので、一般のはちみつと比べ値段も効果になります。

このような事情を利用し、偽物や抗菌作用を偽証して販売する業者が増え、消費者が分からないことを良いことに、利益を上げている業者も存在します。

入れ物から直接蜂蜜を食べるとき、大体の人はスプーンを使用するのですが、素材が鉄などの金属で作られているものだと、抗菌作用が低下するという噂があります。本当に抗菌力が低下するかどうかは知りませんが、気になる人も多いようで、木製や陶器製のスプーンがセットで売れています。

強力な抗菌作用が売りのマヌカハニーにはもっと敏感に反応が出ていて、別売りで木製スプーンが売られていたり、販売サイトでも金属製スプーンを避けたほうが良いと謳っています。

殺菌力を目当てにマヌカはちみつを買うなら、金属以外の素材で作られているスプーンを選ぶほうが良いみたいです。
通常の蜂蜜とマヌカハニーは何が違うのかと言えば、マヌカだけに含まれる高い抗菌成分、メチルグリオキサールの含有が挙げられます。蜂蜜にも過酸化水素に由来する抗菌成分の含有が知られていますが、遥かに強い抗菌活性成分を含んでいるのがマヌカハニーです。生産国であるニュージーランドだけでなく、世界各国で、一定以上の抗菌活性力を持つマヌカハニーを、医療用はちみつとして位置づけし、お医者さんが処方したり、治療薬として用いられます。

耐性を持ったウィルスをも抑制出来ることもあり、菌はマヌカはちみつに対して耐性が出来ないというメカニズムも判明しました。

参考サイト:TCNのマヌカハニー 口コミの評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です