胡蝶ランが育った故郷は熱帯地域について話します

育て方にもコツのある胡蝶蘭(コチョウラン)ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、覚えておいた方がいいかも知れません。
胡蝶ランが育った故郷は熱帯地域なのですが、明るい日陰で生息しているので、なんと、窓際などの直射日光にも弱いという性質があります。
15度~20度前後が適切な温度で、置き場所は風とおしも考慮してあげないといけません。水を与えるのは7日~10日に一回程度でよく、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

通販のフラワーギフトを使うとき、お奨めは、生産者である栽培園から直接発送する、産地直送を採用している販売店が一番です。なぜ、産直をお勧めするのかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、商品であるお花の新鮮さが保たれることと、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその理由です。

コチョウラン(コチョウラン)のオンラインショップを利用する時も同じで、生産者から直接届く、産地直送が一番のお勧めになります。

頂いた胡蝶蘭のお手入れですが、そんなに難しいことはありません。

お水は毎日上げなくても問題ありませんし、鉢に植え替える方法も難しくないです。でも、寒さには強くないので、暖かい所に置いてあげるようにしましょう。それと、空調の吹き出し口なども良くないので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、より一層の喜びを与えることが出来ます。

例えば、開店祝いや挙式などでコチョウランをよく見かけますが、胡蝶蘭(コチョウラン)全種に共通する花言葉(幸せを運んでくる)のほか、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。一例として胡蝶蘭を挙げましたが、フラワーギフトに花言葉を添えるだけで、単に花を贈るというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。

入院している人のお見舞いには、 心を落ち着かせる意味で、綺麗な花を持参することがありますが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。お見舞いにコチョウランを贈りたいなら、鉢から取り出して根をカットするなど、絶対に鉢に入った状態で届けないようにして下さい。そこさえ気を付ければ、見た目も美しく、花粉も香りも少ないコチョウランは、味気ない病室に癒しをもたらしてくれるものです。フラワーギフトで胡蝶蘭が人気なのには理由があります。例をあげると、その優美な美しさ、そしてまた、日もちの良さや香りの少なさも理由に挙げられます。
胡蝶蘭以外のフラワーギフトは、数日でしおれてしまったりして日もちしませんし、こういった事を考えても、一ヶ月~二ヵ月も日もちする胡蝶蘭が好まれているのです。門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、胡蝶蘭を選べんでおけば無難だと言えるでしょう。

頂いた胡蝶蘭が枯れてしまったら、どう処分していいか分からない場合もあるでしょう。こういう場合、便利なのが、胡蝶蘭の引き取りサービスなんです。処分が必要になる理由も色々で、胡蝶蘭(コチョウラン)が枯れてしまったケースや、育てられなくなったなど、どういったケースにも対応しています。

業者にお金を払うのが難しいのであれば、ゴミとして出すしかないわけですが、面倒でも、お住まいの地域の決まり通り分別しなければなりません。取引先などの周年記念にも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、最低限のマナーくらいは、頭に入れておいた方が良いと思います。
まず、赤系の胡蝶蘭は火をイメージ指せてしまうので、赤系の胡蝶蘭(コチョウラン)や赤一色のラッピングは止めましょう後は、立札は必ずたてるようにします。贈り主が誰なのか、分かりやすくするのも大切なマナーになります。
胡蝶蘭を送る際は、大切なものの一つにラッピングがあります。

例えば、ラッピングを赤にするとゴージャス印象になるし、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。

人気のある花ギフトの通販店においては、全て、花に合わせたラッピングカラーを選べるサービスが無料です。胡蝶ランを送る時の立札なども、価格に含まれている通販ショップが増えています。携帯端末で手軽にウェブが出来る今、花の贈り物の通販も、現在は携帯端末から利用出来ます。

それだけでなく、キメ細かい対応をしてくれるので、札へのメッセージ、ラッピングの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)などまで個別に無料で行ってくれます。配送やお届けについても言えることで、日本国内での素早い配送や、条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。
花ギフト通販も随分と身近になりましたね。胡蝶蘭にもいくつか種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)がありますが、 分け方として、花のサイズ別によるものが挙げられます。
開店祝いなどでよく見られるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)です。

そして、プライベートなお祝いや誕生日など、花びらの小さいミディコチョウランがあります。どれをチョイスるかですが用途により変わってきます。

色んなシーンでコチョウラン(コチョウラン)を贈りますが、祝いのシーンだけでなく、お悔やみのシーンでも見られます。

花コトバに「純粋な愛」を持つコチョウランは、悲しい気もちをいやしてくれるといわれていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。

コチョウランが広まるきっかけは、ヨーロッパ十九世紀に起こった大欄ブームだそうで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、より美しい新種をもとめることになり、胡蝶蘭の原種発見に繋がるわけです。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>胡蝶蘭の安いネット通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です