胡蝶蘭はどうして産地直送がオススメか?

お花のプレゼントが嫌な人はそういませんが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、花を贈られた人の感激も一層深まるというものです。立とえば、開店祝いや挙式などで胡蝶蘭をよく見かけますが、胡蝶蘭共通の花言葉、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。一例として胡蝶蘭を挙げましたが、相手側のシチュエーションに合った意味を持たせることで、心のこもった贈り物になることはエラーありません。

選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈る相手の場面や、先方との関係性によって変わります。友達や親類への贈り物であれば5千円程度のミニ胡蝶蘭でも良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶ランが良いでしょう。

どちらの場合も、胡蝶蘭が安価なのは、生花店より通販なので、場合によっては半額になることもあります。

通販では中間流通を省いたおみせが人気で、生産者から、直接消費者へ発送しているからなんです。

スマホで簡単にネットが使える現代では、フラワーギフトの通販ホームページも、現在は携帯端末から利用できます。それだけでなく、細かいサービスも向上しているので、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれるでしょう。
配送やお届けについても言えることで、日本国内での素早い配送や、場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。フラワーギフトが身近で便利になった証拠ですね。

ビジネスシーンの周年記念日にも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、贈り方の慣習などについては、知識として覚えておかないとダメでしょう。
まず、赤一色のラッピングは「火」から家事を連想指せるため、赤系の胡蝶ランや赤一色のラッピングは止めましょうそれと、立札は必ず立てるようにします。贈り主が誰なのか、分かりやすくするのも大事なマナーになります。通販のフラワーギフトを使うとき、お薦めは、生産農家から直接届けて貰える、産地直送を採用している販売店が一番です。

どうして産地直送がオススメかというと、中間にある花市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその理由です。こちょうランの通販も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。胡蝶蘭を贈るのは、祝いのシーンだけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。
「純粋な愛」を花言葉にもつこちょうランって、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お葬式などで贈られることにも適しているそうです。

日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史の初まりは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、高貴で美しい花を咲かせる様子が、より綺麗な品種を捜すきっかけとなって現在のこちょうランの原種発見に繋がったわけです。
病院に入院している知人の見舞いとして、 気もちを和らげるため、お花を贈るのは良いのですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。

胡蝶蘭を入院してる人に贈る場合は、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、絶対に鉢に入った状態で届けないようにしてください。そこさえ気を付ければ、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、味気ない病室に癒しを持たらしてくれるものです。お祝いで届いた胡蝶蘭が不要になっ立とき、捨て方も分別が必要になり割と大変です。そのようなケースで、便利なのが、胡蝶蘭の引き取りサービスなんです。胡蝶蘭が不要になる事情は色々で、置きところに困ってしまう場合や、枯れてしまった等、数が多い場合でも、一鉢しかない場合でも対応が可能です。

業者を使わない場合ですが、ゴミとして出すしかないわけですが、手間でも、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して、捨てるしかありません。
胡蝶蘭にはさまざまな種類がありますが、 分類(難しい名前が付いていることもよくあります)すれば、花の大きさのちがいが挙げられます。
開業祝いや結婚式で一番目にするのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。

また、プライベートなお祝いや誕生日など、花びらの小さいミディ胡蝶蘭があります。
使い分けですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。昇進祝いや周年記念など、急な知らせでこちょうランを送りたい場合、スピード配送の通販専門店の利便性に助けられました。高速道路や宅配事業者が増えたおかげですが、だいたい翌日には届けることができます。

東京23区や名古屋・大阪などで当日配達可能なおみせとか、急ぎで焦ってる場合は、どんな時間帯でもうけ付けしているのでオススメです。さらに言うと、スピード配達できる専門店は立札やラッピングも無料です。知人がおみせを開店する時などで贈る定番は胡蝶ランですが、個人での相場は3万円程度といっ立とこでしょう。
インターネットが身近になった近年、通販ホームページを使ってお祝いの花を贈る人も増え、さまざまなシーンに対応した胡蝶蘭通販ショップが人気です。

東南アジアで19世紀に発見された胡蝶ランは、国内にもち込まれたのは、明治の頃の話です。
蝶が舞い降りたような花を咲かせることから、それを見た人が胡蝶蘭という名前を付けたそうですが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。フラワーギフトの場合、花を包むラッピングも大事です。立とえば、ピンクのラッピングは可愛い印象を与え、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。

評判の良いフラワーギフトの通販店は、殆どの場合、花に合わせたラッピングカラーを選べるサービスが無料です。
花を送る際のメッセージカードなども、サービスに含んでいる通販店が増えてきています。
こちらもおすすめ>>>>>胡蝶蘭 通販 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です