胡蝶蘭のオンラインショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多い)

通販の花ギフトを利用するなら、オススメは、栽培している農家から直接発送される、生産農家直送を採用している通販店が良いでしょう。

どうして産地直送がオススメかというと、中間にある花市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。

胡蝶蘭のオンラインショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)を利用する時も同じで、生産農家から直接送って貰う方式がお勧めですよ。
気になるコチョウランの値段ですが、相手のシーンや、相手方との人間関係によって違ってきます。友達や親類への贈り物であれば5千円程度のミニ胡蝶蘭でも良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。どっちにしても、コチョウランの値段が生花店より安いのが通販で、場合によっては半額になることもあります。

ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、生産者から、直接消費者へ発送しているからなんです。花を送る際、花を包むラッピングも大事です。たとえば、赤いラッピングはゴージャス印書言うを与え、ラップングを緑にすると新鮮な印象を埋めやすくなります。昨今の通信販売ショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)では、殆どの場合、無料のラッピングサービスを行っています。

胡蝶ランを送る時の立札なども、価格に含まれている通販ショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)が増えています。
スマホ端末の進化に伴い、ギフトフラワーの通販も、近頃ではスマホだけですべて注文を完結することが出来ます。しかも、キメ細かい対応をしてくれるので、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。

配達についてもそうで、国内スピード配達や、条件によっては当日配達まで出来ちゃいます。花ギフト通販も随分と身近になりましたね。入院患者のお見舞いに、 心を落ち着かせる意味で、花を持っていくのは良いですが、根が鉢に植わってるものは「根が付く」と、タブー視されています。お見舞いに胡蝶蘭を贈りたいなら、鉢から取り出して根をカットするなど、根が付いた状態で相手に贈らないように気を付けましょう。

そこさえ気を付ければ、香りや花粉があまりない胡蝶蘭であれば、病室を飾る花としては最上のお見舞い花です。取引先などの周年記念にも、祝花にコチョウランが選ばれますが、最低限のマナーくらいは、知識としておぼえておかないとダメでしょう。まず、赤系は火を連想指せるので、赤系は避けないといけません。

後は、立札は必ず立てるようにします。贈り主が誰なのか、分かりやすくするのも大事なマナーになります。貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、他の花と比べても簡単なほうです。お水は毎日上げなくても問題ありませんし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。でも、寒いところは不得意なので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。それと、空調の吹き出し口なども良くないので、暖かくて落ち着くところが良いですね。胡蝶蘭の育て方ですが、寒さが不得意なのは、おぼえておいた方が良いでしょう。

胡蝶蘭が育った故郷は熱帯地域なのですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。

適切な温度は20℃前後と言われていて、置き場所は風とおしも考慮してあげないといけません。
水をあげるのは環境によって1週間~10日に一回程度で、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。昇進祝いや周年記念など、急ぎで胡蝶蘭を贈りたいとき、即日対応してくれるスピード配達のネット通販(近頃では、携帯電話からでも可能ですよね。
時にはお買い得なこともあります)が便利です。
高速道路や宅配事業者が増えたおかげですが、最短で当日に届けることも可能です。東京23区や名古屋・大阪などで当日配達可能なお店とか、急な知らせでお急ぎなら、一日中受け付けてくれているのでお勧めですよ。付け加えて言うと、そういうショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)はラッピングや立札も無料な場合が多いです。
胡蝶ランにもいくつか種類があるのですが、 分け方として、フラワーの大きさのちがいが挙げられます。開店祝いなどでよく見られるのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。

そして、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、花びらの小さいミディコチョウランがあります。使い分けですが、贈る相手やシーンによって似つかわしいものが決まっています。花ギフトは大抵の人が喜んでくれますが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、花を贈られた人の感激も一層深まるというはずです。ひとつ例を挙げると、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、胡蝶ラン全種に共通する花言葉(幸せを運んでくる)のほか、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。一例としてこちょう蘭を挙げましたが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることはエラーありません。

フラワーギフトでこちょう蘭を贈るというのは、おめでたい祝いごとだけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。胡蝶ランの花言葉には「純粋な愛」という意味もあって、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、故人を偲ぶ場であっても、場ちがいにはならないそうです。胡蝶ランの歴史のはじまりは、19世紀のヨーロッパで起こった欄ブームだそうで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、もっと綺麗な欄を捜す事になり、現代胡蝶蘭を発見する事に繋がりました。

こちらもおすすめ>>>>>胡蝶蘭の通販 おすすめ店ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です